病気

鬱を施術するとしたら?

私は心が壊れた3年間、鬱、引きこもり、ニートの三重苦を抱えていました。

自分でどうしたらいいかわからない気持ち、本当によくわかります。

鬱は甘えではありません。

頑張り屋さんがなるものです。

私は患者さんのお体を私の方では治すことはしていません。

自分のお体は自分自身でしか治せないからです。

あくまで、

患者さんが治りたいと思ったらそのサポートを最大限までお手伝いする。

そういう想いでサロンをつくっています。

ただ…

鬱を自分で治すってなかなか難しいですよね。

まず治すっていうところを目標にしないほうが良いですし、

そこまで心が壊れてしまったら

誰かに引き上げてもらわなければずっと闇の中にいることにもなりかねません。

真っ暗な闇の中にいる時、

誰かから光を入れてもらうことが必要だと感じます。

もちろん自分で入れることが一番ですが…

私が鬱を施術するとしたら…?

鬱の原因は脳内の伝達物質のノルアドレナリンとセロトニンが減ることが原因といわれています。

病院に行くとそれらを補う薬が処方されます。

レクサプロ、サインバルタ、ミルタザピン、、、

少ないなら補えば良い・・・?

いやいや、

考えてみてください。

なんで減るんですか?

減る原因を突き詰めてそこにアプローチした方が効率良くないですか?

私が施術するとしたら

脳内伝達物質が減ってしまう原因を探します。

それは一つではないです。

たくさんあります。

私が鬱だった時、どんなことが原因だったかな

その当時まで戻って聞いてみようか…

対人関係のストレス

精神的なストレス

私とインナーチャイルドの私との心の乖離

過去のトラウマが原因でのブロック

それが原因での副産物が山程

こんなところでしょうか。

ここまでお話してみなさんはそんなことが原因だなんて、、、

と思われる人もいるかもしれません。

鬱は心の病気です。

目に見えないところが原因なんです。

目に見えないところには

目に見えない施術をした方が効果的なんです。

物質的な薬でどうにかするよりも。

原因が見つかったら

そこのダメージを抜いて

浄化していきます。

対人関係でできたストレスのダメージを抜いて浄化します。

精神的なストレスのダメージを抜いて浄化します。

インナーチャイルドの自分の心で動けるように浄化します。

過去のトラウマがあるなら

当時まで戻ってその時置いてきた感情を開放すことでブロックを解除し、浄化します。

これらのダメージって相当なものなんです。

あとは

薬を服用している人であれば薬のダメージも体に溜まっています。

そのダメージも抜いて浄化します。

このように

神経伝達物質が減る原因をすべて見つけて浄化して

はじめて、

神経伝達物質がうまく動いていない脳のダメージを抜いて浄化します。

ここまででもたくさんのことを見ています✿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。