自分を知る

パートナーとケンカした時に使える魔法の言葉

こんにちは、吉兆美侑きっちょう みう@kicchomiu)です^^

パートナーとのケンカ。

したいとは思わないのに気づくとついカッ!となる時ってありますよね。

以前の私は真っ先にケンカをふっかけてその後、自己嫌悪に陥るという負のループを繰り返していました(^_^;)

相手を大切にしたいのになんで出来ないんだろう、と。

自分と他人は鏡の写し出しといいますが、パートナーとの関係はまさに自分のマインドを投影した鏡なんですね。

”愛してほしい”というマインドを持っていると、向こうからも”愛してほしい”とやまびこのように返ってきます。

逆に、”愛してる”というマインドを持っていると、向こうからも”愛してる”と返ってくるんですね。

不思議です。

なぜケンカするんだろう?

ケンカをする時というのは自分のしてほしいエゴを通したい時に起きやすいものです。

自分を理解してほしい、配慮してほしい、無視しないでほしいなど、何かをしてほしいのにそれが叶わない時に悲しみや怒りが膨らんでいって結果的に感情が爆発してしまいます。

大切なパートナーには自分を理解してほしいという気持ちは誰でも持っていますよね。

ただ、鏡の映し出しの関係から考えると、”理解してほしい”というマインドを持つと向こうからも”俺だって理解してほしい”と返ってきます。

お互いが何かをしてほしい状態ができあがっているので、その状態で得たいものを得るにはどちらかが折れたり、パワーで押し切ったり、搾取したりしはじめます。

お互いのテリトリーの中に相手を引き入れようとする引っぱり合戦が続くんですね。

それは、愛の中にはいません。

ケンカをしないためにはどうすればいいの?

相手とケンカせずに心地よく二人で人生を歩んでいくためにはお互いのエゴを手放していくとうまくいきます。

理解してほしい、と思っている時は自分が自分自身を理解してあげる時です。

気づかってほしい、と思っている時は自分を気づかってあげましょう。

無視しないで、と思っている時は自分の気持ちを時間が許すまで聞いてあげましょう。

相手に求めていることを自分の中で満たしてあげていくと心が満たされていき結果、相手に求めなくなっていきます。

相手に求めなくなっていくと、不思議なことに今度は相手からもらえるようになります。

鏡の関係ですから、すでに相手も求めなくなっているんですね。

この状態が愛の中にいる状態です。

ケンカを避けるための魔法の言葉

ケンカをしないためにはお互いのエゴを手放すとうまくいくとお伝えしました。

お互いのエゴを手放すきっかけになる言葉を贈ります。

ケンカをしない魔法の言葉

あなたを理解したいから教えてちょうだい。

もし自分や相手が感情的になり、ケンカに発展しそうになった時はこの言葉を投げかけてみましょう。

相手も自分を理解されない、気づかってくれないと感じ取るとついカッ!となることがあります。

そんな時はまずはあなたから相手を理解したい気持ちを伝えるとうまく話し合いの中で解決できるようになります。

といっても、この言葉を伝えるのはなんだか癪!って時もありますよね。

そんな時は先ほどお伝えした、自分の心を満たすことに取り組んでみましょう。

自分の心が満たされていくと不思議と相手自身も満たされ、お互いが干渉しない心地良い関係が成り立つようになります。

まとめ

自分の心を満たし大切に扱ってあげていくと、不思議とパートナーからも大切に扱ってもらえるようになります。

その結果、ケンカに発展せずにお互いの意見を尊重できるようになり、穏やかな日々を過ごすことが出来るようになるんですね。

心が満たされる日々を自分でつくりだしてあげましょう。

公式LINEからお悩み相談を大募集しています(無料)♡

匿名であなたに(ブログ上で)お答えし致します。

まずは友達追加してね♪

友だち追加
ABOUT ME
吉兆美侑
吉兆美侑
ヒーラー・カウンセラー・整体師 心が変わると体が変わる!人生が変わる! 自らの失敗談から身を持って体験出来たことをたくさんの人にシェアする♡ そんな思いでサロンをつくっています。 自分を知ること、はじめてみない?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。