自分を知る

メンタルがやられている時の過ごし方

こんにちは、吉兆美侑きっちょう みう@kicchomiu)です。^^

メンタルがやられる時、誰でもありますよね。

そんな時ってこういう状態なんです。

どうぞ〜✿

メンタルがやられてる時ってこういう時

メンタルがやられてる時

それは心と体が離れている時。

心と体が離れていること、

それは自分を傷つけていること。

本当は寂しかったり、苦しかったり、怖かったりしているのに

”そんなのないない”

”私は感じない”

ロボットじゃない私たちは毎分毎秒、いろんな気持ちを感じてる。

”ふつう”はふつうじゃない

”今日の仕事どうだったー?”

”え?ふつうだった〜。”

そのふつうはふつうじゃない。

ふつうに仕事をこなして

ご飯食べて

家事をして

子供あやして

ふつうをしてるとある瞬間にメンタルが落ちる。

なんで落ちるかはわからない。

”ふつう”には”自分の気持ちを感じないようにしよう”が隠れてる。

その方が見ないで済むから楽だしね。

心を見ないまま過ごしていくと?

見ないふりをして過ごしていくと、色んな気持ちが膨れ上がってやがてダムが決壊した時のようにドパーッと押し寄せてくる。

苦しかった自分、悲しかった自分、寂しかった自分たちが一気に流れ出てきて自分一人では処理するのは一苦労。

本当は少しずつ丁寧にみてあげたいんだけど、どれから手をつけていいかわからない。

仕事が手につかなかったり、生活ができなくなったり。

見ないままで過ごしていった時の代償って意外と大きい。

心の状態に名前をつけてみよう。

寝られなかったり、

心がそわそわ、もやもや。

自分の心がわからなくてもどかしい。

そんな時は心の状態に名前をつけてみよう。

寂しいの?

不安なの?

焦ってるの?

怖いの?

苦しいの?

悲しいの?

気づいてあげて、はじめて手放すことができる。

気づかなかった心に気づいてあげられることはとっても素晴らしいこと。

どうして苦しいのかな?と思った時は心を見てあげよう。

心をみてあげると色んな気持ちを抱えていたことに気づく。

気づいてあげると癒やすことができる。

癒やしてあげて、はじめて手放せる。

手放せてはじめて、手に入れられるものがある。

安心感、信頼感、幸福感。

私たちはこの気持ちを手に入れたいのに手に入れられないことを嘆いている。

それはその反対の気持ちを持ち続けているから。

それ早く手放しちゃいなよ。

まとめ

いかがでしたか。

私たちは愛がほしいのに反対のことをしていたんですね。

怖いのに寂しいのに悲しいのに愛がもらえない。

それはもらえません。

手放すことが先なんですね。

軽い自分でありましょう。^^

公式LINEからお悩み相談を大募集しています(無料)♡

匿名であなたに(ブログ上で)お答えし致します。

まずは友達追加してね♪

友だち追加
ABOUT ME
吉兆美侑
吉兆美侑
ヒーラー・カウンセラー・整体師 心が変わると体が変わる!人生が変わる! 自らの失敗談から身を持って体験出来たことをたくさんの人にシェアする♡ そんな思いでサロンをつくっています。 自分を知ること、はじめてみない?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。