お金のブロック

お金のブロックを外したいんなら、なぜできるかを理解しないと外せないでしょっ

なんだか人生生きにくい〜って気づけるといろんな楽になり方を探しはじめると思います。

その中にお金のブロックがある人って多いと感じます。

お金のブロックを外したいんならできた成り立ちを理解しないと外せないでしょってことで、今日はそもそもお金のブロックってなんでできるの?をお話します。

結論

お金のブロックができる流れは3ステップです。

  1. 過去の自分が苦しい経験をする
  2. その経験から教訓を学ぶ
  3. 二度と同じ過ちを侵さないためにお金のブロックができる

これを見ておそらくこう思う人がいると思います。

「いやいや、教訓から学んだことがあってそれを生かして生きているのになんでお金のブロックができるんだ!苦しまないためのものなのになんで苦しんでるんだよ!ちくしょー!」と。

いやほんと仰る通りなんですよ。

そこが人生の面白さです。

まぁまぁ、少しずつ見てみましょう。

物事を俯瞰してみると本質が見えてくる

何かを変えたいや抜け出したいと感じるけれど、何をどうしたらいいかわからない人が多いです。

そんなときは目の前にある物事や出来事を俯瞰して見れるようになると変えたい理由や抜け出したい場所といった本質が見えてきます。

今置かれている状況が悪いわけではないんです。

お金のブロックがある人の場合はそれがあるから苦しめたり、怖がったりする経験を得ることができます。

そんな経験いらねーよっていう文句があるとは思いますが、無意識の中で自分がその経験をしたいがために引き寄せていることです。

人は生まれてくる前に「たくさんの経験をするぞー!」って意気込んできます。

いまその経験ができていることに無意識の自分的には「しめしめ、うふふ」です。

私から言ってみても「そんな素晴らしい経験ができてるんだね〜!」になります。

でもそんなお金に振り回されている苦しい経験から楽〜な経験に行きたいですよね。

そのチャンスを掴んでいってください。

お金のブロックがつくられた背景

お金に振り回されている人はお金に対して何かしらの思いを抱えています。(ここポイントです)

その思いを手放していくとブロックも一緒に手放せます。

まずはどんな思いがあるとブロックができるのか?について例え話をしながら見てみましょう。

例えば、小さい頃にお父さんが借金をつくって、お母さんと一緒に取り立てに怯えていた幼少期を過ごしたとします。

そうするとお金がないことで苦労した経験を得ることができる一方で、お金があれば苦労しないのではないか?という疑問が生まれそうです。

(この苦しいと感じる経験が①ステップ目です)

そして想像します。

もし自分がお金をつくれるようになったら、お母さんを安心させられるんじゃないか?とか、あんなひどいお父さんのようにはならなくて済むんじゃないか?と。

こうして苦しかった経験を二度と繰り返さないように、自分ができることを探し始めて、「これだ!」と思った道を歩み始めます。

ここでの「これだ!」はおそらく「お金をつくらなければいけない」とか「自分自身で稼がなければいけない」とか「男に頼ってはいけない」とか色々出てくると思います。

(②ステップ目の経験から教訓を学ぶ、です)

その教訓を持つことで「これで自分も家族も安心させてあげられる道」ができあがり、「これでよし!」となります。

なんだか丸く収まったかのように見えますが、実はそうではありません。

ここですでに③ステップ目のお金のブロックができています。

理解するために幼少期に何を感じていたかを見てみましょう。

小さい頃にお金に苦労したことは自らに恐怖を与えます。

なぜなら「お金がないこと」と「生きていけないかもしれないという恐怖」をリンクさせるからです。

そうすると仮に大人になってお金に困らないような状況下になったとしても、お金が無かった時に感じていた幼少期の頃の恐れが残り続けていきます。

要はその恐れと共に人生を歩んでいくことになるってことです。

そうなると頭では「お金に困っていないし、実際にお金あるし、大丈夫」と思えたとしても今のマインドでは思えないんです。

無意識に小さい頃のマインドのままで思考回路は動いていきます。

ちなみにマインドとは「成長の過程で生まれた思考パターン」のことです。

ピンとこない人はこちらをどうぞ。

幼少期のマインドのまま生きていくっていうのはだいぶ苦しいです。

なんで苦しいかっていうとその頃の自分がマインドの中で大暴れし続けているからです。

もしかしたら、その頃のあなたは今のあなたにこんなことを言うかもしれません。

「お金がなくてご飯が食べられないよぉ」

「お腹すいたよぉ」

「お父さん使えない〜」

「取り立てのおじさん来るぅ」

「お母さん泣いてるよぉ」

「どうしたらいいの」

「助けてぇ」

こりゃ苦しいですわ。

この状態が無意識の中で続いていたらそりゃ気づいたらマインドの思うままに流されていくわけです。

ここからわかることはその子はまだ助かってないんですね。

私がおすすめできることは「あなたが助けてあげる」ことです。

なぜならその子を助けられるのは自分しかいないからです。

どうやったら助けられるか?は次にお話します。

ちょっとだけお話できるとすると、

幼少期に抱えていた(正確には今もなお抱えている)文句や感情を手放してあげるとうまくいきはじめます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

伝わったかな〜。

なかなか頭で理解しようとするとこんがらがるので少しずつ紐解くような感覚でお話していくのが良いように思います。

人一人の人生の中にはたくさんの悩みや葛藤がありますがその一つ一つに意味があります。

そこを理解することこそがちょー面白い謎解きゲームです。笑

人生が楽ぅ〜に豊かになる物事の面白い見方や考え方をシェアしています。

お友だちになってください♡

友だち追加
ABOUT ME
吉兆美侑
吉兆美侑
ヒーラー・カウンセラー・整体師 心が変わると体が変わる!人生が変わる! 自らの失敗談から身を持って体験出来たことをたくさんの人にシェアする♡ そんな思いでサロンをつくっています。 自分を知ること、はじめてみない?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。