自分を知る

つい、他人へ厳しくなってしまう人へのアドバイス

こんにちは、吉兆美侑きっちょう みう@kicchomiu)です^^

つい、他人へ厳しくなってしまう人。

以前の私です(^_^;)

人が遅刻してきたり、仕事サボってたり、なめた態度とってるとイラッとしていました。笑

それをしていた私って実はこうだったんですね。

他人へ厳しくしてしまう人は自分に厳しい人

自分と他人とは鏡の映し出しだと考えます。

他人にしてしまうことは自分にもしがちなんですね。

昔の私は自分に対してめちゃくちゃ厳しい人でした。

学生の頃は勉強しなきゃいけないと思っていたし、仕事し始めた時もできなきゃいけないを持っていました。

しない自分、できない自分を許していなかったんですね。

自分に対してこうでなければいけないというルールをたくさん科していったことで少しずつ身動きが取れなくなっていきます。

そんな自分自身に対して許していないことを周りの人が簡単にやってのけると怒りが湧いてくるんです。

こんなに私が我慢してるのに〜!!って(^_^;)

自分だけ我慢していることが腹立たしいので、勝手につくったマイルールを人にも科していきます。笑

仕事ができないといけないを持っていたので、できない人は見下したり。

あいさつできない人は信じられないとか、遅刻なんて豪語両断まで。

自分も相手も縛り上げてとっても窮屈でした。

自分を許すと相手にも優しくできる

相手に優しくしたい時は自分のマイルールを手放してあげるとうまくいくことを知りました。

遅刻してはいけないを持ってたら、遅刻しても大丈夫を持ってみたり。

仕事をサボってはいけないを持ってたら、息抜きを上手にする方法を考えたり。

稼がなきゃいけないを持ってたら、稼がない私もOKにしてみたり。

色んなことに”許す”をしてみるとなんだか楽になって、楽な私は周りが楽になることにもOKが出せて、結果なんだか幸せなかんじに。^^

絶対条件は絶対ではなかった

こうでなければいけないという絶対条件は私が勝手に決めたルールに過ぎませんでした。

私のマインドの世界では、それに反した者は切腹!!くらいに重い罪とみなしていました。

自分の首を自分で締めて苦しくなっていきます。

ただ、なんで苦しいのかはずっと謎でした。

自分で脚本を書いたドラマの中に自分を主人公としておいて悲劇のヒロインをずっとやってたことにやっと気づくことができました。

気づけたきっかけは自分をマイルールで縛り上げ続け、ある日動けなくなったことでした。

人はなにか大きなきっかけがあってはじめて変われるチャンスを掴むんですかね。

そんな代償を得なくても小さなきっかけで気づけたら一番最高なんですけど、私の場合はそこまで追い込まれないと気づけなかったことのようでした。

まとめ

今回は私自身が他人に対して厳しくしていたことを手放せたことをシェアさせていただきました。

生活していてなんだか息苦しく感じた時は苦しいことを自分に科してないかを見つめられると気づけるきっかけになります。

楽に生きることを自分に許すとフーッと一息つけますね。

公式LINEからお悩み相談を大募集しています(無料)♡

匿名であなたに(ブログ上で)お答えし致します。

まずは友達追加してね♪

友だち追加
ABOUT ME
吉兆美侑
吉兆美侑
ヒーラー・カウンセラー・整体師 心が変わると体が変わる!人生が変わる! 自らの失敗談から身を持って体験出来たことをたくさんの人にシェアする♡ そんな思いでサロンをつくっています。 自分を知ること、はじめてみない?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。